摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« インドネシアPGA選手権初日 谷プロ好発進!! |  日記のトップへ | 4泊5日の春休みゴルフ合同合宿スタート! »

貴之君のラウンドチェックとインストラクタークラス

ようやく大阪でも桜の花が開き、昼間は春らしい気温になってきましたね!
熱いジャカルタで行われているインドネシアPGA選手権に参戦している
谷昭範プロは、初日6アンダー7位タイ、2日目1オーバーの
トータル5アンダー31位タイで予選を通過しました。

このまま上位に踏みとどまってほしいと願いましたが、
3日目4オーバーとスコアを落とし、トータル1アンダー65位へ後退しました。
最終日の今日は、持ち前のショット力でハイスコアを期待したいです。
他の日本人選手も頑張ってただきたいですね。

先週の金曜日は、宮嶋君、モエちゃんに加えて貴之君の
ラウンドチェックを兵庫県西宮市にある
「よみうりゴルフウェストコース」で行いました。
ジュニアゴルファーの貴之君(小6)が4月初旬に
このコースで開催される試合に出場するからです。

貴之君は昨年12月にも同じ試合の小学生の部に出場しましたが、
アップダウンのきついライの対応に苦戦し、
飛距離が出ず、苦手意識の強いコースです。

そんな貴之君でしたが、寒い冬の期間にフィジカルトレーニングを積み、
左軸でプレーンもしっかりできるようになり、
大きく成長しての4ヶ月ぶりのウェストコースです。

貴之君はMAKIゴルフアカデミーのジュニアゴルフスクール
選手育成コースに入るまでは、ドローボールを打っていました。

1年半でパワーフェイドが打てるようになり、
円アークを目いっぱい使い、飛距離もかなり伸びてきました。

1番ホールのティショットは曲がらず、落下地点も前回の飛距離を
はるかに超える位置です。バランスよく振りぬいたショットに手応え充分。
力強いショットに本人も驚いた様子。








成長とともに進化している貴之君の素晴らしいドライバーショットでした。
「以前より50ヤード位距離が伸びているから、
セカンドのクラブ選びをしっかりしいようね!
それと、球筋が安定してきたから狙い所を決めていこう」と言うと、
「ハイ、頑張ります」と答えた貴之君です。

バンカーショットも難なく距離を合わせ、
スピンでグリン上に止めれる貴之君。ホールアウト後、
大阪市福島区のインドア練習場で今日の反省点を踏まえ、
軽くショット練習をして終了。

「お疲れ様。よく頑張ったね!」「ハイ、ありがとうございます」と
いつもの笑顔を見せて帰って行きました。

引き続き、中学2年生のモモちゃんのショット練習と、
テーチングプロへの指導を行いました。

インストラクタークラスは、常に安定したプレーン作りのために、
スイングメカニズムも動きから分析し、プレーンをコントロールする
テクニックを科学的理論に基づいて指導したいと願う
インストラクターの要望に応えるコースとして設けています。

ゴルフは練習以外は、打ち直しができないスポーツです。
それだけに、いい軌道を作り、再現力の高さが求められます。

「なぜスライスがでるの?」「ストレートに打つにはどうしたらいいの?」
「わぁ、すごく飛距離が伸びた!」こんな声の裏には、
そのプレーヤーが打ち出したスイングプレーンを作っている
両脚、上体、両腕の一つ一つの動きによって生まれてきます。
ゴルフスイングって科学なんです。

インストラクタークラスは、ゴルフを科学し、
私の2軸ボディターンスイング理論と技術をマスターし、
ストレートを基本にフェイドとドローを打ち分けるてテクニックを習得するコースです。

投稿者 kanrisya|2013年03月31日 08:55 |トラックバック (0)| 日記投稿数 973|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/1291