摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« 野球とゴルフに効く、骨盤スタビリティトレーニングとストレッチNO.3 |  日記のトップへ | ジュニアゴルフスクールの初レッスン »

野球とゴルフに効く、足裏と「ふくらはぎ」のトレーニング

野球やゴルフは回転軸が安定していることが命です。
回転軸はコア(体幹)バランスがとても大切ですが、
一番重要な部分は足裏と足指、「ふくらはぎ」なんです!

人間は足裏の小さな面積で大きな体を支える
素晴らしい能力を持っています。
足裏の長さは20㎝や25㎝と様々ですが、
それぞれの足指が一本一本大切な役割をしています。

野球やゴルフは、コア(体幹)バランストレーニングとともに、
足裏と足指、「ふくらはぎ」を同時に鍛えることで、
回転軸の安定とウエイトシフトをスムーズにさせることができます!

足裏や足指、「ふくらはぎ」が元気だと、ゴルフスイングやバッティング、
ピッチングの回転軸が安定し、ウエイトシフトもしやすくなります。
ダッシュ力もアップし、変化したボールの捕球送球をはじめ
ゴルフだと地面の傾斜にも対応しやすくなりますよ。

では、ふくらはぎ(腓腹筋とヒラメ筋)と前側の前脛骨筋の柔軟性を
まずチェックしてみてください。

①足関節テスト

脚を伸ばして座り、足首を曲げてつま先を上に向けます。ほぼ直角になればOK。
ふくらはぎの腓腹筋(アウターマッスル)が硬くなっていると
つま先が上に向きにくくなります。

膝を伸ばして座り、足首からつま先を伸ばします。床とほぼ水平になればOK。                 足首の前側がつまって伸びにくい場合は、前脛骨筋が硬くなっています。

同様に、膝の下にクッションを挟んで、ふくらはぎの
ヒラメ筋(インナーマッスル)の柔軟性もチェックしてみてください。

では、ベースボールジムやMAKIゴルフアカデミー
の選手たちもやっている足裏と足指、「ふくらはぎ」を
鍛えるトレーニングの一部を紹介します。

②タオルギャザー運動
足の指でタオルをつかむ運動。

③壁つたい運動
仰向けに寝て、膝を曲げ、壁を足指で上に向かってつたっていく運動。

④ボール運び運動
椅子に座り、片足でボールを前後左右、斜めに転がす運動。

⑤ディスクバランスを使った片脚バランストレーニング

片脚バランストレーニング(外転).jpg
上記の写真のように片脚でバランスディスクの上に立ち、
他方の脚(股関節)を屈曲、外転させる動きの他に、
他方の脚を伸ばしたまま後ろへ引く(伸展)、
内側へ閉じる(内転)などの動作を行います。

⑥デスクバランスを使った片脚ボール投げ
バランスディスクの上に片足で立ち、ボールを投げたり、キャッチします。

詳しくは私の著書『野球選手の故障予防と
投打のバイオメカニクス』をご参照ください。

投稿者 kanrisya|2013年01月04日 17:38 |トラックバック (0)| 日記投稿数 941|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/1245