摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« 野球とゴルフに効く、骨盤スタビリティトレーニングとストレッチ |  日記のトップへ | 野球とゴルフに効く、足裏と「ふくらはぎ」のトレーニング »

野球とゴルフに効く、骨盤スタビリティトレーニングとストレッチNO.3

昨日は骨盤が歪む要因でもある体幹の左右の
筋肉の捻じり(回旋)のバランスチェック法を紹介しました。

体のパワーを使いたい時、背骨に付着する深部の筋肉が
耐久力と柔軟性がないと、大きな筋肉(広背筋)のパワーが
使いにくくなり、体の回転力も弱くなってしまいます。

それだけ、回転のパワーを使う野球やゴルフにとって
捻じりの筋肉は大切なんです。

そこで、今回は骨盤の左右の捻じり筋のバランスをチェックする
骨盤回旋テストを紹介します。

①骨盤回旋テスト
方法は、昨日紹介したコアバランスを整え、
股関節を柔軟にするストレッチと同じです。
仰向けに寝て両膝を立て、両手を真横に広げて上体を安定させ、
両脚を揃えて左右交互に倒します。



左右の角度は均等であれば良いのですが、
いきにくいと感じた方の骨盤の周囲筋が硬くなっています。
特に右打ちの人は、左へ倒す時にいきにくさを感じると思います。

「ウッ、いきにくい!」と感じた人は、アッパースイングになっているかも?
ボールの飛距離が伸びず、高いボールが出てしまう・・・
と悩んでいる人が多いと思います。

また、両膝を立てた時に左右の膝の高さに左右差があれば、
骨盤の水平面での歪みの可能性もあります。

体幹はスクエアにしっかりキープする。
これがスイングの捻じりパワーを最大限に活用できるポイントです。
バッティングのヘッドスピードやピッチングの球速にも
大いに関係しています。

②コアバランスを整え、股関節を柔軟にするストレッチ2
仰向けに寝て両膝を伸ばし、肩の高さで両手を広げ、
上体を安定させます。

次に右膝を曲げ、右膝の外側を左手で持ち、
息を吐きながら腰部をゆっくり捻じりながら
伸ばした左脚の方へ倒すように引き寄せます。
最終位で10秒ほど静止させるとより効果的です。
これを左右交互に3回ほど行います。

このストレッチは股関節の螺旋運動(内旋・外旋)に作用する
筋肉を伸ばすストレッチです。
また、背骨の回旋筋のストレッチにもなります。

ボディターンの2軸つくりに欠かせないストレッチです。
昨日紹介したストレッチに加えて行ってください。

ストレッチはトレーニングの前後に行ってください。
また、毎日、入浴後などに行うと効果的ですよ。

詳しくは私の著書『野球選手の故障予防と
投打のバイオメカニクス』をご参照ぃださい。


投稿者 kanrisya|2013年01月03日 17:21 |トラックバック (0)| 日記投稿数 937|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/1244