摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« 近畿オープン出場の連君と真央ちゃん |  日記のトップへ | 龍成君と貴之君へのスイング指導 »

まさや君へのスイング指導と整体師学科の授業

午後1時30分から大阪の特許事務所で、ウェア開発の会議。午後4時30分に終了し、甲子園のMAKIゴルフアカデミーに向かう。
今日はジュニアゴルファーのまさや君(小2)のレッスンを行うためだ。谷昭範プロのシーズン終了を待っての3ヶ月ぶりのレッスンである。インドアでのフィジカルトレーニングを終え、甲子園浜のあるゴルフ練習場でショット指導に入る。

まさや君が得意とするアプローチから開始。リズム良くフェイスにボールを乗せる。感覚は良い。
アイアンショットは上体がぶれるため、その改善に入る。テイクバックで頭が動き過ぎないように気を付けることと、ダウンスイングからインパクトまでおへそをボールに向ける意識を持つことの2点を注意させる。そのことによってかなりインパクトのぶれが少なくなってきた。フィニッシュの体勢も柔らかくバランスが良くなる。
最近は本コースのラウンドも挑戦しているまさや君。これから本格的に技術指導に入ることを伝え、終了した。

そのまま再び甲子園に戻り、整体師学科の授業に入る。肘関節から手掌のモビリレゼーションテクニックを伝授する。ゴルフスイングやバッティングでグリップを強く握って振ることで肘関節や手関節に大きな負担を与える。握力低下にも繋がる肘から手掌の筋群の調整法を指導し、終了した。

投稿者 kanrisya|2011年12月02日 11:38 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/1002