摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
 |日記のトップへ|

2011年11月29日(火)

近畿オープン出場の連君と真央ちゃん

近畿オープンゴルフ選手権に出場する連君(中1)の帯同で、小野東洋ゴルフ倶楽部に入る。スタート前にゴルフPNFを初めて連君に施す。
今まで体験したことがないゴルフPNFに少し戸惑ったようだが、体がスムーズに動きやすくなると、とても驚いた様子。
昨日チェックした課題を朝の練習で丁寧に試みる連君。トップを低く納めるためにテイクバックは上体の回転で、そしてダウンスイングは左軸に上手く移動しつつ右足で蹴り上げ、上体の回転でプレーンを走らす。その課題をもってスタートを切る。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月29日 11:39 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月28日(月)

宮嶋君のラウンドレッスンと谷プロの調整

朝5時起床。三木市にあるオリムピックゴルフ倶楽部に宮嶋君のラウンドレッスンに入る。7時45分スタート。
カシオワールドオープンへの帯同で1週間空いたが、その間、柔らかくボールをとらえる、上半身の回転によってプレーンを作ることを目標に一人で黙々と練習してきた宮嶋君の進歩をコースでチェクする。
今までどうしても力でインパクトを作り出していた宮嶋君だが、今日は上手く肩の回転を使い出し、いい高さでボールが上がり、グリーンをとらえる。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月28日 10:41 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月27日(日)

カシオワールドオープン最終日、シード権確定!!

谷昭範プロにとって、今日が今シーズンの最後の試合となるカシオワールドオープン最終日。今年、初シード権で参戦し、故障をかかえながらVIZA太平洋マスターズで3位タイになるなど、よく頑張ったと思う。
私もMAKIサイエンスウェア開発研究所でのウェア開発などの仕事をしながら、試合出場が多くなった谷プロのコーチとして開幕戦の東建ホームメイトカップから帯同し、できる限りスイング指導とフィジカルの調整を行ってきた。1月のハワイ合宿から始まり、帯同がどうしても無理な試合もあったが、忙しい1年だったなぁーと思い返しながら、谷プロの一打一打を見守った。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月27日 09:31 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月24日(木)

カシオワールドオープン初日

カシオワールドオープンゴルフトーナメント初日。
早朝にホテルを出発。風が冷たく、冬の到来を感じさせられる気温の低さに、体が凍えそうになる。
谷昭範プロもその寒さに驚きながら、黙々と練習を開始する。
スタート前の練習で昨日感じとった右手の軌道作りを入念にチェックする。今まで左腕、左グリップでスイングプレーンを作り、インパクトの焦点を合わせていた谷プロだが、ようやくこのカシオワールドで右手の軌道にイメージが表れ、新しいインパクトのタイミング作りに取り組んでいる。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月24日 11:13 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月23日(水)

谷昭範プロへのスイングチェック

カシオワールドオープンゴルフトーナメントの会場となるkouchi黒潮カントリー倶楽部の練習場で谷昭範プロのスイングチェックを行う。雨も降り出し、風と寒さも増す。
2軸間の体重移動をしっかり使うことと、スイングリズムを良くすることを課題としながら練習する。まだ、インパクトがかなりつまり気味だが、コンパクトなトップポジションからダウンスイングのパワーが使え出し始めている。
テイクバックでインサイドに入り過ぎると、どうしてもつまり気味になる。谷プロも左肘に負担をかけない軌道をさぐりながら右手の軌道でしっかりインパクトを作ろうとしている。
谷プロにとってはこの試合が今シーズンの最終戦。何とか乗り切れるようにと願う。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月23日 10:38 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月22日(火)

モエちゃんと摩耶あきらさん

六甲国際ゴルフ倶楽部の西コースでプロゴルファー科の宮嶋君のラウンドレッスンを行う。
朝7時40分スタート。
今日の課題はテイクバックからダウンスイングまでの軌道作りである。宮嶋君はどうしても高いトップポジションからボールをとらえようとしてしまう。トップが高いとダウンスイング軌道がインパクトでつまり気味になり、ボールを飛球線方向に押し出すインパクト後のフォロー軌道が作れない。
そのリスクを取り除くために、必死で取り組んでいが、もっとリラックスして両足幅の中でリズムよくシャフトを振り、ヘッドを後方より飛球線方向まで走らせることを徹底的に取り組ませる。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月22日 10:00 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月18日(金)

ダンロップフェニックス予選通過

ダンロップフェニックスゴルフトーナメント予選2日目。
朝、一番のスタート。今日の谷昭範プロの課題はアイアンショットのウエイトシフトだ。
ドライバーやフェアウェイウッドと同じようにアイアンもテイクバックで右足へ体重を乗せて回転していたことで、左腕の内側へのねじれが大きくなっていたことが分かり、アイアンショットはアドレスで左足に重心を多めに置き、やや小さく右股関節上で体重をのせ、右肩を開く意識で上体を回転させる。そうすれば、インサイドに引き過ぎるリスクが改善されると考え、今日はその左軸の意識を持つアイアンショットと、ウエイトシフトを充分に使うドライバーやウッドと使い分けをコースで実践してみることにする。
練習場ではかなり良くなり、アイアンショットの軌道修正もできている。あとは本番で使えるかどうかが勝負だ!

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月18日 18:40 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月17日(木)

ダンロップフェニックス初日

ダンロップフェニックスゴルフトーナメント初日。初出場の谷昭範プロの最初のティショットはフェアウェイをキープ。しかし、セカンドショットがトップし、グリーンをとらえられない。
「少し硬くなっているのかなー」と思いつつラウンドが進む。ティショットは1ホール外しただけで、フェアウェイを見事にキープした。ドライバーとウッドはウエイトシフトをしっかり使い、低いトップからコンパクトなスイングで体重をフェイスに乗せ、リズム良く振り抜く。ただ、アイアンショットが思ったラインと違う反対方向へボールが飛び出すケースが見られた。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月17日 16:44 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月16日(水)

谷昭範プロへのスイングチェック

今日はダンロップフェニックスゴルフトーナメントのプロアマがあり、コースでのラウンドはできないため、練習場で谷昭範プロへのスイングチェックを行う。
体のバランス感も整い、左肘や左親指の調整、その左肘をかばうことで負担となっていた右肩の調整も済ませたことで、スイングの練習量もかなり増やすことができた。
体の回転方向とアームシャフト、そしてヘッドの軌道をゆっくり合わせる。ショートアイアンはテイクバックで少しインサイドにシャフトが入って来る。その軌道の修正を行う。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月16日 16:16 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月15日(火)

フェニックス練習ラウンド1日目

ダンロップフェニックストーナメント練習ランド1日目。
初めての出場のため、入念にグリーンのチェックを行う谷昭範プロ。大きなバンカーと深いラフ、松林がある難コース。ティショットはフェアウェイキープが第一条件だ。コース両サイドにある松の木の位置でティショットの置き所を確認。
丁寧に練習ラウンドを進め、ホールアウト後、ショットの調整をして終了した。

投稿者 kanrisya|2011年11月15日 11:57 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月14日(月)

宮崎県へ入る

神戸カントリー倶楽部で宮嶋君のラウンドレッスンを終え、夕方の便で宮崎県に入る。
宮崎空港には首藤さんが迎えに来てくださいました。谷昭模プロがお世話になっている方です。とても気さくな方で私まで食事にお招きいただき、割烹料理店に向かいました。
美味しい食事をご馳走になり、谷プロとキャディの西尾君と私は幸せな気分で宿泊先のシーガイアに入りました。
今週は初出場のダンロップフェニックストーナメントです。しっかり肘と肩、そしてコアバランスを整え、明日からのラウンドに備えました。

投稿者 kanrisya|2011年11月14日 11:53 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月13日(日)

谷昭範プロがシード権を確保!!

朝7時スタート。六甲国際パブリックコースに宮嶋君のラウンドチェックに入る。
宮嶋君はかなり2軸ボディターンスイングの精度が上がり、弾道も良く、飛距離も伸びる。そして、パーオン率も高くなる。ハーフラウンド終了後、六甲国際の練習場でさらにスイングチェックを行ってから帰宅する。
今日はVIZA太平洋マスターズの最終日。谷昭範プロのスコアが気になり、インターネットで追い、午後3時からのテレビ放映を観る。ノーボギーの5アンダーで回り、トータル10アンダー、3位タイでフィニッシュした。トーナメントツアー獲得賞金ランキングが77位から59位にランクアップし、来年のレギュラーツアーに参戦できるシード権を今年に続きほぼ確保することができた。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月13日 21:14 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月12日(土)

3人のジュニアゴルファーへの指導

午後4時30分、井高野ゴルフセンターに、MAKIゴルフアカデミーのジュニアゴルフスクールの指導に入る。今日は龍成君(小4)、連君(中1)、響君(小2)の指導である。それぞれの課題は個人によって異なり、レッスン時間が足りないと感じるほどみんな集中する。
龍成君はパッティングの構えから始め、距離を変化させるストロークを指導。パターコースに入って実践的に指導する。
その後、レンジで連君のボディターンとアームプレーンの軌道、をリンクさせるハーフショット。そのハーフショットでの2つのポイントを指導する。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月12日 13:22 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月11日(金)

ジュニアゴルファー貴之君(小4)への指導

朝から昼過ぎまで雨。その雨の中、宮嶋君のラウンドチェックのために神戸カントリー倶楽部に入る。雨の中でのインパクト作りと、クラブのバンテージ選びなどをスイングチェックとともに指導する。
雨の中でのボールをどうとらえるかは難しく、宮嶋君は今できつつあるクラブの距離の関係が崩れることで、バンテージ選びに途惑う。晴れた日と雨の日のコースの顔が全く違うことを改めて理解できたようだ。以前にも雨の日のラウンドチェックは何回かあったが、スイングに集中していたため、コースマネージメントを学ぶゆとりがなかったのである。
雨の日のラウンドの難しさが身にしみて分かったようだ。
最終ホールを迎えた時、VIZA太平洋マスターズに参戦している谷昭範プロから電話が入る。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月11日 12:11 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月10日(木)

VIZA太平洋マスターズ初日

大阪のMAKIクリエイションのオフィスで仕事をしながら、VIZA太平洋マスターズに参戦している谷昭範プロのスコアをインターネットで追う。一打一打を大切に谷プロらしいゴルフができているようだ。
試合前の状態を谷プロから聞き心配していたが、今日はしっかり体重移動が使われ、左肘への負担の少ないスイングがコースでできているようだ。ノ―ボギィの5アンダー、トップと1打差の2位タイにつけた。
谷プロ本人からホールアウト後に連絡が入る。明るい声にホッとする。明日もしっかり前向きにゴルフマネージメントを行い、自分の力を信じてプレーしてほしいことを伝えた。

投稿者 kanrisya|2011年11月10日 12:46 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月09日(水)

宮嶋君へのラウンドチェック

今日はプロゴルファー科の宮嶋君のラウンドチェックに六甲国際ゴルフ倶楽部西コースに入る。西コースは戦略性が求められるため、今の宮嶋君にとっては、とてもいい課題が持てるラウンドになる。

2軸ボディターンスイングは、コンパクトなテイクバック、両腕を一体化させ、上体の回転とシンクロさせ、力ではなくゆったりしたプレーンでボールをコントロールする。右軸でテイクバックの捻れを作り、ダウンスイングで両軸に体重を移し、インパクト以降は左軸でしっかり上体を回転し、左軸でフィニッシュする。
この課題は宮嶋君のゴルフ人生の中で、最も柱となる課題であり、彼は今、必死に挑戦している。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月09日 12:19 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月08日(火)

肘を痛めた谷プロへ電話で指導

昨日はウェア開発の打ち合わせで東京へ出張。
今日は先週の土曜日に開いた日本医学トレーナー協会のセミナーで紹介した下腿から足底のSTテーピング法の資料を本の出版に向け再度まとめる。
今週、谷昭範プロは三井住友VIZA太平洋マスターズ参戦のため、静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースへ入っている。私は宿泊施設が確保できなかったため、帯同は中止となった。夕方、谷プロから電話報告を受ける。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月08日 11:37 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月05日(土)

日本医学トレーナー協会セミナー

朝8時過ぎ、六甲国際ゴルフ倶楽部のパブリックコースにジュニアゴルファーの連君(中1)と弟の響(きょう)君(小2)、そして、プロゴルファー育成コースの宮嶋君のラウンドチェックに入る。課題は2軸間での体重移動である。
ジュニア期は回転を大きくしようとして上体がぶれ、体幹の軸となる頭から上体まで左右や上下に動き過ぎてしまいやすい。頭の位置は頸椎運動に大きな影響を及ぼす。反射に作用する重要な頸椎をしっかり安定させることへの意識での回転、次に二本の足間での体重移動でインパクトゾーンの弧を大きく描く、この二つの課題をもってのラウンドチェックを行った。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2011年11月05日 23:25 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|

2011年11月03日(木)

ジュニアのためのゴルフセミナー

今日は大阪市東淀川区にある井高野ゴルフセンターで、ジュニアのためのゴルフセミナーを行う。
内容は2軸ボディターンスイングの説明、ジュニア期に発生しやすいゴルフのスポーツ障害と、その予防のためのゴルフバランス運動、ゴルフ筋トレーニングの紹介である。
メディカルチェックを行い、実践する。参加者は親子での参加が多く、御両親が真剣にメモを取られ、自宅でのケアに取り組みたいなど、熱心さが感じられた。
今後も開いて欲しいとの意見もいただき、技術指導だけに目を向けず、少しずつジュニアゴルファーの体のケアへの取り組みも広げたいと思いました。

投稿者 kanrisya|2011年11月03日 23:43 |トラックバック (0)| 日記投稿数 728|