摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« 野球選手科の故障者の調整 |  日記のトップへ | 選手やクライアントの調整と指導 »

ゴルフスイングの指導と野球選手への指導

今日は朝8時30分より、プロゴルファー養成コースの宮嶋君とモエちゃんのスイングチェックのため甲子園浜のゴルフ練習場に向かう。二人の課題をそれぞれスイング分析し、2時間半みっちり練習する。

その後、甲子園校に戻り、昨日コンディショニングした野球選手を継続して診る。いずれもコンディショニング後の練習でボールを投げたり、バッティングしたりしたが、いい感じで投げたり打つことができたと報告があった。3人ともほぼ健肢と同レベルまで回復した。本人もバットを振る久しぶりの力感に安心した様子。スポーツ選手にとって手に力が入らないこと程の恐怖はない。本当に良かった。頑張ってほしい。

次にベースボールジムでピッチャーのバランスを見る。昨日のフォームチェックに続き、今日もそれぞれの課題を確認する。下半身が安定してこそ上体が回り、腕が力強く振れる。着地軸脚の使い方の重要性を説きながら、その下半身を安定させるポイントを指導すると、選手らの腕の振りがどんどん速まり、選手達も早くグラウンドで試したいと口々に伝えてくれた。いい感覚こそいい動きと自分が目指す目標を達成できるポイント。常にいいイメージを掴む方法を伝えたいと今日も深く思いました。
このブログを読まれている皆さん、選手科の今後の活躍に期待してくださいね。

投稿者 kanrisya|2011年08月30日 20:37 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/939