摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« 著書『野球選手の故障予防と投打のバイオメカニクス』発刊!! |  日記のトップへ | 北海道合宿から帰阪してからスイングが崩れた谷プロ »

クラブ選手権全国大会出場を決める!

今日、堺浜球場で第36回全日本クラブ選手権大会西近畿予選の準決勝と決勝が行われ、関西メディカルスポーツ学院硬式野球部が全国大会初出場を決めた。
準決勝では2009年の全国大会優勝チームのトータル阪神(兵庫県)と対戦。3対4で迎えた9回に逆転し、7対4で勝利。決勝では2005年の全国大会優勝チームである大阪の強豪NOMOベースボールクラブを7対4で下した。井戸監督率いる野球選手科の皆が力を合わせ、創部6年目にして初の全国大会出場を決めたのである。

私は主にピッチャーのフォーム指導や故障者のリハビリに関わっているが、人間的成長を目指しつつ、井戸監督やコーチ陣が現場で厳しく指導を行っている。今回、準決勝で完投した3年生の狩野選手。本当によく投げ、見事勝利投手。そして決勝戦は1年生の前中と松本(佳)投手が投げ、2人とも1年生にして素晴らしいピッチングで勝利に貢献した。

打線も強豪チームを相手に連打を浴びせ逆転するなど、大きな成長が見られた。
次は9月9日、西武ドームで開幕する全国大会へ進むのだ。嬉しい!本当によく頑張ったと思う。
井戸監督から「先生、ようやく優勝できました。全員が打って、ピッチャーもよく耐えてくれました」と嬉しい結果報告の中に、今までの目標の一つであったクラブ選手権全国大会出場に次の夢と希望が感じられた。
「先生、またこれからもピッチャーを育てて下さい。そして故障者をよろしくお願いします」との言葉に、思わず、「もちろん、先生も頑張る!!」と、声が弾む私でした。

在校生や卒業生の皆さん、いつも応援ありがとうございます。私の野球本が発刊した翌日に、その本に書いているピッチング法やバッティング法を実践している選手たちが一つの結果を出してくれたことを大変うれしく思います。感謝です。ありがとう井戸監督、コーチの皆さん。そして選手の皆さん、おめでとう!!次のステージに向かって更に前進してください。

投稿者 kanrisya|2011年08月06日 18:24 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/926