摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« まさや君への指導と野球選手の調整 |  日記のトップへ | 野球トレーナー科とメディカルサイエンス科の授業 »

杉田社長との再会とDAWGSのゴルフシューズ

今日は朝からゴルフ選手科の宮嶋君と神崎川のショートコースへ入る。最近アプローチの感覚が良くなり、ショートアイアンの球筋も安定してきた宮嶋君だ。様々なライに対応するアプローチでのフェイスの侵入角と軌道、2軸の体重移動幅、一つ一つチェックしながら進める。
ホールアウト後、甲子園の学院に入り、整体療法士学科で坐位による脊椎矯正と胸郭矯正術を指導。クライアントは同学年のA君。野球肩でかなりの右肩下がり。肩甲骨の位置も右下がりで胸椎もやや右へ側弯ぎみの状態。
そのA君へ施術を授業で公開する。施術後、肩甲骨の位置が揃い、肩峰の位置も左右で揃った。この状況下に至った場合、下肢の柔軟性も向上し、SLRが正常化した。その結果を見た学生達はこの施術法を学ぶ楽しさを実感したようだ。

その後2人の膝靭帯損傷と足関節捻挫のSTファンクショナルテーピングを施し、ハワイで大変お世話になった“すみさん”とケーキ&ゴルフ工房、そしてカナダから直輸入されたDAWGS(ドーグス)のゴルフシューズとフィットネスシューズのショップを芦屋で展開されている杉田社長に会いに行く。
杉田社長は全国のデパートを始め、有名店で展開されている本高砂屋とケーキの「高杉」の社長さんです。その杉田社長と7年ぶりの再会。今後、何かと学ばせて頂くことが多いと思い、MAKIゴルフアカデミーのプロゴルファー育成コースの宮嶋君も杉田社長に紹介する。
IMG_3386.JPG

その宮嶋君、杉田社長を見るなり私に「お若い社長ですね」と告げた。50代後半とは思えない社長です。昔からゴルファーに求められる姿勢や体のバランス感も良かった社長ですが、今もそれをキープされている。さすが、ゴルフの腕前もシングルプレーヤーとして頑張っておられるはず。
その社長のショップで素晴らしいシューズに出会ったのです。
社長に勧められてはいてみると、なんと足指がしっかり活用でき、足底アーチを支え、立つ時のウエイトシフトがとても楽になるのです。軽くってデザインも良く、リーズナブル。初めて出会うシューズに思わず、「これ、いいですね」と声を上げた私です。

人間が立つ、動く、その基本は足底から。その足底バランスを整え、足指の第1~第5をしっかり使え、土を掴む感覚がそのまま味わえるすぐれたシューズです。
ゴルファーの方に是非勧めたいとすぐに思いました。体重を支える2軸の軸を作る足指がしっかり使え、下半身を安定させ、スイングのぶれを防ぐ、そんな利点が望めるシューズです。ジュニアや脚の筋肉が上手く使えず体がスウェイする、体の回転が上手くいかない等で悩まれている方も是非試してみて下さい。しっかりした体の安定感が生まれ、股関節に体重が乗る2軸感が感じられるそんなシューズです。
同行した宮嶋君はゴルフを始めて1か月。まだ90台で回る能力だが、着実に力を上げています。そんな宮嶋君にとって2軸で足指で掴む感覚はボディターンの命。その宮嶋君が、「先生、このシューズいいです。スイングの軸が安定します」と大喜び。そんな宮嶋君に私からプレゼント。そして私はなんと杉田社長から学院での施術用にゴルフシューズをプレゼントされ、「有難うございます!!」と思わず大きな声を上げてしまいました。

その後は楽しい食事会。7年間の空白の時間がなかったかのように感じられ、すみさんと杉田さんと楽しく過ごせた一日でした。
有難うございました。

投稿者 kanrisya|2011年02月26日 15:57 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/828