摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
 |日記のトップへ|

2009年05月21日(木)

野球選手科の3人のピッチャーへのフォーム指導

昼間の授業で筋肉のスポーツ障害(肉離れ)後に対応する、リ・コンディショニングの必要性とその方法、その肉離れの回復効果を早める筋操作とM・F・T手技の効果について説明する。
その後、野球選手科のピッチャー吉岡と荻野、宮嶋のフォーム指導に入る。
最近調子が上がらないのには必ず理由がある。その理由を見つけ、それを改善するのが私の役割なのである。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年05月21日 16:33 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年05月19日(火)

マッスルパワーSTB体験実験隊報告②

岡内.JPG
(報告)
最初にマッスルパワーSTBを着用したのは、学院にて四つん這いの姿勢でハムストと内転筋のトレーニングをした日でした。

着用するまでは腰に痛みを感じ、トレーニングがとても辛かったのですが、(23年間のビール配達業務による慢性的な腰痛)、マッスルパワーSTBを着用してトレーニングをしてみると「びっくり」腰の痛みが無くなっていました。
その時、もう1ヶ所、左上腕骨外側上顆も痛めていたのですが、その部位の痛みも感じなくなりました。驚きと嬉しさでその夜はマッスルパワーSTBを着用したまま寝ました。すると朝いつも寝起きにベッドで感じる腰の痛みも感じませんでした。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年05月19日 17:49 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年05月18日(月)

マッスルパワーSTB体験実験隊を関メディの学生で結成!

ヨネックスのマッスルパワーSTB、STB-R体験実験隊を関メディの学生6名で結成しました。

そのうちの長谷君(32期スポーツトレーナー科在籍)が自転車に乗っての効果で感じた内容を報告してくれました。興味深い内容です。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年05月18日 19:25 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年05月15日(金)

肉離れした安井が調整後元気に走る!

今日は野球選手科の安井を調整する。
遠征中に右下腿部の腓腹筋を肉離れしたのである。
その後もダッシュを続けるなどしたことで、筋損傷が受傷時より激しくなった様子。
アイシングとマッサージ、テーピング、整骨院での電気療法で対応しているが、動きづらく私のところにやって来た。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年05月15日 21:30 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年05月13日(水)

3人のプロ野球選手の活躍に幸せな気分

午前~午後にかけて手技療法と野球教本を執筆。
甲子園のベストアップで5時より野球選手科の井本祐太郎、海老原、そして一般クライアント(中枢性疾患)に対応する。
井本と海老原は月曜日から調子が良く、今日は二度目の調整となる。
海老原は少し背屈動作がしづらいようだが、ほとんど日常生活には支障がなく、プライオトレーニングをはじめとするメニューに励んでいる。
今日からジョギングを許可して様子を見ることをチームトレーナー兼コーチの川端君に指示する。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年05月13日 21:59 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年05月11日(月)

野球選手科の2人の選手の調整

昼の授業でスポーツマッサージテクニックの指導を終えた後、野球選手科の2人の選手が大阪校へやってきた。

徳山大会と九州大会への10日間の遠征から大阪へ帰ってきたばかりの井本祐太郎と海老原だ。キャッチャーの海老原は1週間前に足関節捻挫、三塁守の井本は送球時に肩痛を発し、その調整にやってきたのだ。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年05月11日 21:57 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|