摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
 |日記のトップへ|

2009年03月30日(月)

野球選手科の調整

吉岡は公式戦に登板した日から肩前方部に違和感があるようだ。痛みを持ちながら、その後のオープン戦でも投げていたとのこと。
今日の状態は挙上が150度ぐらいに制限され、朝には強張り感があり、状態は良くない。そこで、動画をみる。肩甲骨がかなり下がり、右肩が落ちてしまっている。
これでは投球腕(ゼロポジション)が作れない。本人にそのことを自覚させる。痛い原因は肩甲骨の機能が弱っていること、その要因がアクセレレーションからリリース、フォローまでの体の回転と腕の振りがちぐはぐになった結果、体の左右バランスが崩れ、肩甲骨が下がってしまったことを解析。結果、肩に痛みも生み出したことを説明した。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年03月30日 17:25 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年03月28日(土)

めまぐるしく過ぎた3月

3月は学院生徒の医療現場やスポーツジムでの実習や、卒業試験、そして実技集中授業と、あっという間の1ヶ月であった。
学院での授業と平行して一般のクライアントやパーソナルトレーナー契約をしているプロ野球選手やプロゴルファーの調整を行うため、大阪から甲子園のBEST-UPへ移動、そしてとんぼ返りで夜間の授業を持つなど、目まぐるしく時間を送る月なのである。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年03月28日 18:50 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年03月27日(金)

谷昭範プロへのコンディショニング

昼の授業でウォーキングの画像分析の方法と、そのコンディショニング法を説いた後、甲子園のBEST-UPに向かう。
久しぶりにNちゃんの調整と、プロゴルファーの谷昭範選手のコンディショニングだ。
今日は学院のゴルフトレーナー科卒業試験に合格した中尾君と中原君に谷選手のコンディショニングとトレーニング、スイングチェックをどのように行っているのかを見学させる。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年03月27日 18:48 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2009年03月20日(金)

野球選手科への指導

今日は朝10時より、野球選手科の12人の選手にピッチング、バッティングのフォーム指導と捕球、送球動作の指導に入る。

新1年生の柳、荻野、鈴木、道辻、井本、荒井の6名と、肩に違和感を持つピッチャーの吉岡と宮嶋、足部を骨折した吉田、そしてキャッチャーの海老原と外野手の細井である。

久しぶりに見る吉田は足の軸もしっかり取れ、バッティングの調子も上昇中。体のバランスも良いただ、バッティングのシャドーは内角やスライダーに対応する使い方でないことを指摘。その後、どうすればバットが内角やスライダーに対応できるかなどを説明し、そのフォームとタイミング作りを指導。
本人も「先生、バットがつまって内角にでなかったんですが、これだと大丈夫です」と手応え十分。あとは実践でそのタイミングを掴むことが大切。そのことは吉田も理解している。明日のグラウンド練習が待ち遠しいといった吉田である。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2009年03月20日 15:34 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|