摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
 |日記のトップへ|

2008年07月28日(月)

ベースボールジムでの投球指導

朝からの基礎科の授業を終え、甲子園のベストアップへ向かう。
今日は朝からグラウンドで野球選手科のピッチャーにフォーム指導する予定であったが、雨のため、夕方からインドアのベースボールジムで見ることになった。

1年生の宮嶋。身長は183cm。手足が長く、体のバネと柔らかさを持っている選手だ。元々ピッチャーではあるが、最近は内野手としても攻守ともに活躍している。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月28日 21:33 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月26日(土)

今日も充実の1日

先生、ホールアウトしました。今日はイーブンでフィニッシュしました」
と谷からの電話。
「お疲れ様」
ホールバイホールの結果を見ていたので
「16番でバーディーがとれてイーブンになって、そのままキープしてフィニッシュして良かったね」
「ハイ、かなり緊張しました」
「そうだろうね」
「先生、ショットは安定してて8割がバーディーチャンスでした。パットが決まらずなかなかチャンスがモノに出来なかったんです」

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月26日 18:16 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月24日(木)

静ヒルズトミーカップに参戦している谷

チャレンジトーナメントの静ヒルズトミーカップに参戦している谷。
初日は-3スタート。まずまずショットはいい感じで打てている。
「先生、右脚が痛いんですけど」と谷からの電話。
スイング中は大丈夫だけれど、ボールを拾う動作が辛いと私に訴えるので、テーピングでの対応を勧める。大腿部は内巻、下腿部は外回しの2本ラインのテープ法を指導。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月24日 20:46 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月23日(水)

BEST-UPに初めてコンディショニングに訪れて来られたマヒンさん

今日甲子園のBEST-UPに初めてコンディショニングに訪れて来られたマヒンさん。
年齢は今年80歳になられるという。いや、実に若々しい。
姿勢も良く、とてもハキハキ日本語がお上手。
60歳代にしか見えないマヒンさんのその若々しさに驚いた私です。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月23日 20:44 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月22日(火)

選手科の田の調整

選手科の田。
「今朝はぎっくり腰で起きれませんでした」と病院での診察を終えて大阪のベストアップにやって来た田。ほぼ1人でキャッチャー(正捕手)として座っている選手だ。
春の公式戦から最近のオープン戦までほぼ全試合で活躍している選手科の2年生。キャッチャー不足の中、本当によく頑張っている選手である。
チームには2人のキャッチャーが在籍しているが、もう1人のキャッチャーである中野が最近ようやくオープン戦で座れるまでに成長し、少しずつ田の負担が軽くなるのではと期待していた矢先のアクシデントであった。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月22日 20:42 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月17日(木)

久しぶりのハイスコア

「あれー??」
今日、朝から声が出ない。
あー、そうか。昨日ちょっと張り切りすぎて、声を出しすぎたんだなー。
私自身、健康管理を欠いたことに反省!
そんな中、携帯に1本の着信。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月17日 20:19 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月16日(水)

学生達に驚きの衝撃が走る!!

今日の昼の講義はコンパートメント症候群へのマッスルセラピーと、疲労を慢性化させない筋区画内の疲労度チェックの必要性と、その調整法についての授業であった。
次に見学説明会に来られた方へ説明し、その後、夜間コースの授業に入る。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月16日 20:22 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月12日(土)

プロ野球F選手のコンディショニング

今日は久しぶりに関西のプロ野球チームの内野手を診る。
自主トレ以来のボディバランスチェックとなる。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月12日 16:09 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月11日(金)

谷選手のスイングチェック

大阪の阪神ゴルフセンターでスイングをチェックする。
最近スイングの調子が崩れ、思い通りのショットが出来ないと悩む谷である。
原因を見つけるのが私の役目。
後方と前方、側方から谷が打ち続けるスイングのテイクバック、トップの位置、ダウンの軌道、インパクト、フォローでのスイングプレーンと身体の動きを分析していく。
かなりバランスが崩れている。
左サイドでの方向を出すために、両腕のイメージが消え左腕からしっかりシャフトプレーンをつくっている。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月11日 16:07 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月07日(月)

Nちゃんと野球選手科選手の調整・指導。 谷からの電話。

甲子園のBEST-UPで2週間ぶりにNちゃんのコンディショニングをすると、やはり麻痺側の筋肉が硬くなり、体幹のバランスも崩れ、歩行リズムがかなり崩れた状態に陥っていた。いつもは、家庭でのセルフ訓練と1週間に1回のサイクルで筋・神経を調整しているNちゃんだが、夏休みに入ったことで調整サイクルを2週間とし、家庭でのセルフ訓練を主としたプログラムにしているのである。
家庭で出来る限り、関節のROM訓練を実践できるように、今日もお母さんにその方法を指導し、2週間のトレーニングプログラムを組み、終了。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月07日 14:46 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月06日(日)

電話での谷へのスイング指導

九州の福岡からの電話。谷からだ。
「先生、アイアンがひっかかるんです。ドライバーとフェアウェイウッドは良いんですけど」
「谷君、アイアンはドライバーと同じようにヘッドローテーションをインパクトで早めてはだめだよ」
「ハイ」

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月06日 18:43 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月05日(土)

メディカルサイエンス科

メディカルトレーナー科の修士科の授業が終わり、今日は整形外科医師や柔道整復師、プロトレーナー科修了者らを対象としたメディカルサイエンス科の授業だ。
今日は横臥位による腰仙部下肢筋へのマッスルセラピー法の習得。
この手技療法は仙腸関節炎や腰椎椎間関節症や椎間板ヘルニア、あるいは、筋膜性腰痛症を既往歴として持ち、体幹の左右にある筋肉に不均等性があったり、骨盤の歪み(水平・前後)があるクライアントへの対応として使う。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月05日 18:41 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月04日(金)

MAKI式腰痛体操

夜の授業はメディカルトレーナーの基本科。このコースは夜間コースなので、昼間コースの1/2のペースで進行中。
今、基礎学を学びながら人体の機能学や疾患についての知識にも入っている。
人体の要でもある腰の痛み、腰痛についての知識とメディカルトレーナーとしての腰痛調整法を学んでいるのである。その授業でMAKI式腰痛体操療法を導入しているため、授業を担当する。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月04日 18:39 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月03日(木)

膝を痛めた野球選手科髙畠の調整

野球選手科の髙畠が膝を痛めて大阪校にやってきた。
野球選手科のトレーニングやケアには、学院の整体療法士学科を2年前に卒業した青木トレーナーが専属トレーナーとして関わり、やはり学院の野球トレーナー科を卒業して現チームのコーチ兼トレーナーを務める川端、そして総合プロデュースでテクニカルコーチを務める青山がグラウンド練習前に身体調整とトレーニングを徹底的に進めているし、現在は「まき整骨院」も開院している。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月03日 16:21 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2008年07月02日(水)

半月板損傷を起こしているソフトボール選手の学生

昼間の授業で半月板損傷と前十字靭帯、内・外側の靭帯の機能を診るチェック法の指導とその症状に応じてのトレーニングプログラムの指導法に入る。
学生の中で現在、半月板損傷を起こしているソフトボール選手である奥村さん。
ロッキングがあり、歩行もつらそうで、医師から手術も勧められている。
今日の課題でもある機能チェックで(+)となり、その後、膝関節の機能回復トレーニングを導入していく多段階プログラムの組み立てを指導する。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2008年07月02日 18:38 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|