摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
« 選手科のトレーニングと陸上短距離選手の調整 |  日記のトップへ | 関西オープンの練習ラウンド »

第89回全国高校野球大会 開幕

今日は甲子園の開幕戦。福井商業と佐賀北との戦いが始まる。
福商のレギュラーメンバー5名のコンディショニングをした私にとって、朝から緊張が走る。
エースとしてグラウンドに立つ山田君。2番手の宇野君。ショートの小林君。センターの松永君。ファーストの酒井君。

メンバーが紹介されるたび声に心から声援を送る。初回立ち上がり、山田君に少し緊張が見え、ボールが浮きぎみだったが、中盤からしっかり落ち着き、低めにボールが集まりだし、味方の援護を待つ。

バッティングセンス抜群の小林君。小柄だが、思い切りのいいスイングでヒット。腰に違和感を抱えて悩んでいた松永君もヒット。宇野君もライトへ豪快なライナー性のヒットを放つなど、ヒット数では佐賀北を上回っていたが、残念ながら勝利には繋がらなかった。
両チームとも素晴らしいフィールディングで好試合であった。

途中、去年の秋に調整した宇野君がピッチャーとして入る。なかなかボールが重たく、くい込むボールだ。大きな体格をめいっぱい使ってリズム良くボールを走らせる。
この大舞台にあっても、宇野君自身が「よし、行くぞ」と言わんばかりの勢いを感じさせるピッチングであった。

甲子園を目指し、頑張ってきた彼らの夏が終わった。私の元で調整したメンバーの元気で集中した素晴らしい活躍に胸が熱くなる。何度もチャンスを作り、反撃の兆しはあったが、惜しくも点には結びつかず、2対0で敗北した。今日一日で多くの事を学び、経験した彼ら。残念だったけれど、また次の目標に向かって力強く進んでくれることを願った私である。

今年の甲子園には私がコンディショニングをした選手が多く出場する。卒業生の田崎君がチームトレーナーを務める福井商業(ピッチャー山田君、宇野君、ショート小林君、センター松永君、ファースト酒井君、ベンチで記録係をしていた榊原君)を始め、京都外大西(辻君)、卒業生の鈴木さんがこれからチームトレーナーとして関わる秋田県の金足農業高校(ピッチャー今野君、高橋君、舩木君)。その他、ベースボールジムでトレーニングとフォーム指導を続けてきた選手が報徳学園と神村学園から出場する。

中学生のときに野球肘で悩んでいた辻君はフォーム改造に成功し、京都外大西校からピッチャーとして出場する。野球トレーナー科に入学してきた辻君のお姉さんが沢山の野球選手のトレーナーをしながらコンディショニングを担当している。彼女のように学院の卒業生がトレーナー、コーチとしてシニアやボーイズ、高校、大学、企業で活躍していることは非常に嬉しいことである。

これからも、卒業生が関わっている選手達が甲子園で元気に活躍している姿を見ることができる機会がどんどん増えていくだろう。

野球は肩、肘、腰に故障が発生しやすいスポーツ。だからしっかりサポートが必要。

卒業生の皆さん、学院で学んだ技術や野球トレーニング法を活かして選手に関わり、育成コーチとして活躍してください。

投稿者 kanrisya|2007年08月08日 20:45 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makireiko.net/mt/mt-tb.cgi/250