摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
 |日記のトップへ|

2006年10月26日(木)

スイング改造は「頑張って前に進むしかない」

大阪本校での授業の後、夕方5時から学校近くのゴルフレンジで
谷のスイング指導を行う。
谷は試合参戦も残すところ数試合となり、今のところシード権獲に
必要な賞金額に達していないため、来年の試合参戦権を得るための
QTにも参加しなければならない。
そんな状況下にある谷のスイングの指導だ。今年の連戦の中、
まだ私が指導する3Dスイングが使えずショット改造の完成には
ほど遠い状態のため、昨日から引き続きショット指導に入る。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月26日 15:50 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月25日(水)

整体療法士をめざす腰椎椎間板ヘルニアの林君

林君は持病の腰痛で悩んでいたが、メディカルトレーナー科で学んだ
運動療法を実践し、少しずつ改善がみられ、10月からは整体療法士科で
総合整体療法を学んでいる。
午後、その林君が以前から予約をしていたMRIの画像を病院で撮り、
私の元へ持参してくれた。腰痛の原因をより詳しく判明できればという点と、
自分の腰部の状態を知ることが自己管理をする上でとても大切なことだからである。

セラピストとしてMRIをどの様に見るかを説明し、その上でその腰部組織へ
負担をかけないように筋肉のセラピーと、強化のためのトレーニングの
組み立てをする。必要であれば骨盤矯正も施す。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月25日 15:48 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月16日(月)

椎間板ヘルニアの高校球児と外傷の野球選手二人

昨日の日曜日、日本オープン最終ラウンドの終了後に帰阪。
今日は夕方まで自宅で休養をとり、大阪本校へ入る。
かなり自己の体調も回復してきたように思う。
今日は滋賀県から椎間板ヘルニア症と診断された高校球児、
小倉君が私のコンディショニングを受けにやってくる。
小倉君は今年の1月から症状があり、8月にさらに症状が悪化。
現在は急に表れる痛みと痺れに不安を抱いているとのこと。
MRIにて骨盤と背骨の位置バランスをチェック。
次に機能鑑別チェックとウォーキングスクリーニング。
一方向のバッティング練習をかなりやったようで、
体幹が左に下がり、骨盤にも歪みが表れていた。
腰背部は硬く、長時間の運動に耐えにくいという事を
彼自身も感じていたという。筋肉状態を整え、背骨と骨盤を正常バランスに戻す。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月16日 22:41 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月15日(日)

日本オープン最終日。中村龍明選手と出会う。

東京のホテルを6時に出発。
埼玉県の霞ヶ関カンツリークラブへ向かう。
会場に着いて、練習レンジにて谷のスイングチェック。
その打席の隣へ3年前に2年間スイングと
肉体改造トレーニングを指導した中村龍明選手が現れる。
久しぶりの対面。ちょうど、月曜日に会場入りした際に出会い、
頑張るように激励したが、今日は谷のスイングチェックの横で
その中村君が練習することになるとは、
ちょっと彼も私もその偶然に驚いた。
おかげでスイングを久しぶりに見ることができた。
かなりバランスの良いスイングに変化していたので、安心。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月15日 22:34 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月14日(土)

日本オープン決勝ラウンド1日目。ボディターンが使えた!

出発前の練習レンジでの谷のスイングイメージは非常にいい。
「先生。大分自分でいいスイング感がでてきました」と元気に出発。
課題は、フェイスを前に押し出す・・・ことだ。
パットも同じくインパクトゾーンを飛球線方向に長く押す。
それを課題にして出発!!

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月14日 22:34 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月13日(金)

ギリギリ予選通過でも、明日へ希望をつなげる。

課題をもって予選2日目のラウンドへ向かう谷。
何かいいタイミングをつかみ出したようだ。
練習中でのスイングを実際のラウンド(試合)に
生かせるかどうかが、大きなポイント。
今日は、試合の中で試しながら新感覚に慣れようとする谷。
スイング改造に取り組み10年。新しいスイングを
実際に使うことで試合に通用するということが、
彼自身確信を持てれば、今後の試合につながると思う。
谷に、その新感覚に恐れず、自分がやって来たことを信じて、
挑戦することを強く願い伝えての出発である。

途中崩れそうになったスイングも、なんとか持ちこたえ、
60位タイでギリギリ予選通過。オメデトウ!!!!
明日は、決勝ラウンド一日目、思い切り躍進してもらいたい。
今日は38度の熱はあったものの、何とか1ラウンド帯同できた。
終了後もしっかりと練習。スイングチェックを行う。
そして、明日へ希望をつなげた!!

投稿者 kanrisya|2006年10月13日 22:32 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月12日(木)

日本オープンの初日、39度6分の発熱。

朝4時に起床。いつもながらゴルフの帯同は朝が早い。
疲れがピークに達し、昨夜自分の体調を崩し、39度6分の発熱。持
病の扁桃腺炎のようだ。高熱のなか出発。
1時間かけて日本オープンの会場である霞ヶ関カンツリークラブ(埼玉県)へ。
練習場でのスイングチェック。まぁまぁだが、
まだ新しいスイングが上手くできない。
長い連戦で「手打ち」に近いスイングになってしまった谷へ
厳しくチェックする。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月12日 22:38 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月11日(水)

関西経済同友会のセミナーで講演

1025.jpg
今日13時より中之島センタービルにて関西経済同友会の
会員の皆様を対象に、「スポーツとメディカルトレーニング」
というテーマで、スポーツが抱える課題について、
実演も交えながら1時間30分の講演を行った。
一つ目の課題はスポーツ障害。
そのリスクをどう管理し、どう改善していかなければいけないか
という点に対して、スポーツ特性に応じた
リハビリテーションプログラムからスポーツ復帰を目的とする
ストレングストレーニングまで管理が必要であるが、
現状ではその指導者の育成が遅れている。
厚生労働省管轄の医師や理学療法士は、
スポーツや体育についてはほとんど学んでいない。
また、文部科学省管轄の体育大学では、
医学やリハビリの知識や技術を学んでいない。
そこで、体育と医学の知識、体育リハビリトレーニングの技術を
持った指導者やメディカルトレーナーが求められていることを説明した。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月11日 22:36 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月02日(月)

「赤いハンカチ王子 ユウキ君」

朝、スポーツ新聞に目を通すと、高校2年から3年にかけて
投球フォームを指導し、プロ野球にドラフトで入った斎藤君が、
巨人戦に初登板して勝利投手になったことを知り、
とても嬉しくて「ヤッター!」って思わず声をあげてしまった。
早稲田実業の斉藤君と同名の彼は、ヒーローインタビューでは
赤いハンカチで汗を拭き、お茶目な面も見せたようだ。

彼は福井商業時代に私のもとへ訪れ、
ピッチングのフォームを改造し、そして念願のプロ入りを果し、
私のホームページにも登場してくれている選手。

活躍の様子を新聞で読み終えた時は、
実際に投げている姿を観ていたらもっと感動しただろうと思った。
そういう意味では少し残念だったが、来季からは
どんどんテレビを通じて投げる彼を観れることを期待して、とても嬉しくなった。

投稿者 kanrisya|2006年10月02日 09:51 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|

2006年10月01日(日)

青山武士君と大山千賀子さんの結婚式

1001.jpg
今日は、12年間指導してきた学院の専任講師で
ある青山武士君と学院卒業生の大山千賀子さん
の結婚式であった。
育英高校の野球選手であった時に打てなくて
悩んでいた青山君が、仲間の紹介で訪れ、
バッティングの指導をしてからの付き合いである。
指導効果がどんどん表れ、夏の甲子園を目指す
兵庫県大会では打率2位まで上達した青山君。
チームのレギュラーのほとんどが通ってきた野球塾(現ベースボールジム)。
ちなみに打率1位は、やはり同塾生の松本勇将君。
その松本君もチームメイトの内堀健太郎君と出席。
久しぶりに逢ったことで話は盛り上がり、大変なつかしい時間であった。

→続きを読む

投稿者 kanrisya|2006年10月01日 09:49 |トラックバック (0)| 日記投稿数 721|